SECURE COMPUTING GROUP

Secure Computing Groupでは、完全準同型暗号と呼ばれる、暗号化したままの数値データに対して加算・乗算を制限なく行える暗号化方式をベースに研究をしています。特に、この理論を用いたアプリケーションの構築及び、アプリケーション全体の高速化に焦点を当てて研究に取り組んでいます。この完全準同型暗号を適用したアプリケーションは計算時間があまりにも長く、現実世界での適用が困難であることが一般的な課題点として挙げられます。
それゆえに、本プロジェクトでは完全準同型暗号に対してコンピュータアーキテクチャ・暗号理論を考慮したソフトウェアの両面からの最適化を行うことで1000倍以上の高速化を目指しています。
プロジェクトページはこちら

現在の研究

完全準同型暗号を用いた Apriori(頻出アイテムセットマイニング)

SecureApriori
あるアイテムリストの中から、頻出して出現するアイテムを暗号化したまま計算する研究。
例えば製薬企業が、大量の種類の薬品群の中から副作用の頻繁におこる薬品を調査したいとき、計算委託はしたいが、薬品ごとの副作用の頻度は企業秘密のため情報流出は避けたいと考える。様々な制約の中で、いかに復号結果の整合性をたもったままプロトコルを構築できるかがポイント。


完全準同型暗号を用いた秘匿ゲノム検索

SecureGenome DNA配列検索は生物学的・医学的知見取得のために、有効である。しかしながら、DNA配列は個人の特徴を反映するだけでなく、個人の識別子(ID)ともなりうる。そのような背景から複数拠点にまたがって存在するDNA配列を活用するためには、暗号化したままのDNA配列検索が望まれる。暗号化したままの検索でどのようにアルゴリズムを構築するかがポイント。