Publications

2017

International Journal

International Conference

  1. Yu Ishimaki, Hiroki Imabayashi,Hayato Yamana: Private Substring Search on Homomorphically Encrypted Data, In Proc. of the 1st IEEE International Workshop on Big Data and IoT Security in Smart Computing, pp. 1-6, (2017.5)

Domestic Journal

Domestic Conference

2016

International Conference

  1. Hayato YAMANA: “Secure Data Sharing and Distribution Platform for Integrated Big Data Utilization,” 2016 NSF BIGDATA PI MEETING (2016.4.21-22)
  2. Yu Ishimaki, Kana Shimizu, Koji Nuida and Hayato Yamana: “Poster: Privacy-Preserving String Search for Genome Sequences using Fully Homomorphic Encryption,” Proc. of the 37th IEEE Symp. on Security and Privacy (2016.5)
  3. Hiroki Imabayashi, Yu Ishimaki, Akira Umayabara, Hiroki Sato and Hayato Yamana: “Secure Frequent Pattern Mining by Fully Homomorphic Encryption with Ciphertext Packing”, 11th International Workshop on Data Privacy and Management (DPM2016), session: Security and Secure Applications (2016.9)
  4. Yu Ishimaki and Hayato Yamana : “Task 3: Secure Outsourced Genetic Diseases Test using Fully Homomorphic Encryption”, iDASH Privacy and Security Workshop 2016 (2016. 11)
  5. Hiroki Imabayashi, Yu Ishimaki, Akira Umayabara and Hayato Yamana: “Fast and Space-Efficient Secure Frequent Pattern Mining by FHE”, Proc. of IEEE International Conference on Big Data 2016 (2016.12)
  6. Yu Ishimaki, Hiroki Imabayashi, Kana Shimizu and Hayato Yamana: “Privacy-Preserving String Search for Genome Sequences with FHE bootstrapping optimization”, Proc. of IEEE International Conference on Big Data 2016 (2016.12)

Domestic Journal

  1. 今林広樹,石巻優,馬屋原昂,佐藤宏樹,山名早人:”完全準同型暗号による安全頻出パターンマイニンク計算量効率化”,情報処理学会トランザクション・データベース(TOD), (2017. 3)

Domestic Conference

  1. 佐藤 宏樹, 馬屋原 昂, 石巻 優, 今林 広樹, 山名 早人: “完全準同型暗号のデータマイニングへの利用に関する研究動向”, FIT2016, F-002 (2016.9)
  2. 安村 慶子, 石巻 優, 今林 広樹, 山名 早人: “A Survey on Attribute-based Encryption and its Application in Cloud and Mobile Environment”, FIT2016, L-009 (2016.9)
  3. 馬屋原昂,今林広樹,山名早人: “NUMAマシンにおける完全準同型暗号による安全頻出パターンマイニングの高速化”,データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2017), A1-1(2017.3)
  4. 今林広樹,石巻優,馬屋原昂,佐藤宏樹,山名早人:”ストリーム処理による安全頻出パターンマイニングの高速化”,データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2017), A1-2(2017.3)
  5. 佐藤宏樹,馬屋原昂,石巻優,山名早人:”完全準同型暗号による秘密計算回路のループ最適化とk最近傍法への適用”,データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2017), H6-3(2017.3)

2015

International Journal

  1. Jungkyu Han, Hayato Yamana:”A study on individual mobility patterns based on individuals’ familiarity to visited areas,” International Journal of Pervasive Computing and Communications, Vol.12, Issue.1, pp.XX-XX (2016.3)

International Conference

  1. Lan Wang, Masahiro Tanaka and Hayato Yamana,“What is your Mother Tongue?: Improving Chinese Native Language Identification by Cleaning Noisy Data and Adopting BM25,” In Proc. of IEEE Int’l Conf. on Big Data Analysis, (2016.3)
  2. Jungkyu Han and Hayato Yamana, Why people go to unfamiliar areas? : Analysis of mobility pattern based on users’ familiarity, In Proc. of the 17th Int’l Conf. on Information Integration and Web-based Applications & Services (2015.12).
  3. Kazuya Uesato, Hiroki Asai, Hayato Yamana, Predicting Various Types of User Attributes in Twitter by Using Personalized PageRank, IEEE International Conference on Big Data 2015, pp.XX-XX, (2015.10)
  4. Hiroki Asai, Hayato Yamana, Detecting Learner’s To-Be-Forgotten Items using Online Handwritten Data, In Proc. of the 15th Annual ACM SIGCHI_NZ conference on Computer-Human Interaction, (2015.09)

Domestic Journal

  1. 高杉亮介、山名早人:”国会議事録を用いた経済指標のナウキャスティング”, DBSJ Japanese Jurnal, Vol.14-J, No.9, pp.1-7 (2016.3)

Domestic Conference

  1. 韓 正圭, 山名早人:”場所推薦においての訪問履歴の効果的利用方法に関する研究”, 第6回ソーシャルコンピューティングシンポジウム (2015.6.20)
  2. 石巻 優, 清水 佳奈, 縫田 光司, 山名 早人:”完全準同型暗号を用いた高速なゲノム秘匿検索”,2016 Symposium on Cryptography and Information Secutiry (SCIS2016), 2A2-2 (2016.1)
  3. 浅井洋樹, 山名早人, 電子ペンを利用した数学手書き答案の戦略分類手法~多項式展開問題を題材として~, 情報処理学会 コンピュータと教育研究会 第133回研究発表会, 2016-CE-133, No.6, pp.1-8, (2016.2)
  4. 上里和也, 浅井洋樹, 山名早人, Personalized PageRankを利用した網羅的Twitterユーザ属性推定, 第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2016), D2-2, (2016.3)
  5. 王チン, 浅井洋樹, 山名早人, 多言語表示に対する視線情報を用いた第一・第二言語推定, 第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2016), F4-1, (2016.3)
  6. 何 奕萱,上里 和也,山名 早人:”Comparison of Community Detection Methods for Facebook Ego Network”, DEIM2016, D2-5 (2016.3)
  7. 林 佑磨,山名 早人:”発話間関係の構造化による会議録からの議論マップ自動生成システム, DEIM2016, E3-1 (2016.3)
  8. 馬屋原 昂,篠原正太, 山名早人:”シーンテキスト位置の高速検出手法の提案-日本語と英語を対象として-”, DEIM2016, E4-3 (2016.3)
  9. 石山雄大, 韓 正圭, 山名早人:”Twitterアクティブ認証精度向上のための文字N-gram IDFの提案”, DEIM2016, F5-2 (2016.3)
  10. 田中 博己,石山 雄大,上里 和也, 山名早人:”Locality-Sensitive Hashingを用いた大規模な著者推定の高速化”, DEIM2016, E6-3 (2016.3)
  11. 畠山 恭明, 山名 早人:”回答のクラスタリングによる多様な主観的回答を行う相談システムの提案”, DEIM2016, C7-3 (2016.3)
  12. 吉岡 重紀,山名 早人:”生成型一文要約のためのマルチアテンションモデルの提案”, DEIM2016, E8-3 (2016.3)
  13. 髙橋 卓巳,石巻 優,山名 早人:”SVパッキングによる完全準同型暗号を用いた安全な委託Aprioriの高速化”, DEIM2016, F8-6 (2016.3)
  14. Wang Lan,Yamana Hayato:”Robust Chinese Native Language Identification with skip-gram,” DEIM2016, E6-1 (2016.3)

2014

International Journal

  1. Chun Fang, Tamotsu Noguchi, and Hayato Yamana:”Analysis of evolutionary conservation patterns and their infuence on identifying protein functional sites” Journal of Bioinformatics and Computational Biology (JBCB), Vol.12,No.5, DOI: 10.1142/S0219720014400034 (2014)

International Conference

  1. Hiroki Asai, Hayato Yamana, EA Snippets: Generating Summarized View of Handwritten Documents based on Emphasis Annotations, In Proc. of the 16th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2014) (2014.6)
  2. Le Jiawen,Yamana Hayato:””Cross-cultural Investigations of User Evaluations for Multiple Domains: Using Twitter Data,” Proc. of Shanghai International Conference on Social Science (2014.9.13-15)

Domestic Journal

  1. 奥谷貴志,山名早人, ”メンション情報を利用したTwitterユーザプロフィール推定,” DBSJ Journal, Vol.13-J, No.1, pp.1-6 (2014.11)
  2. 手塚渉太,浅井洋樹,山名早人, “携帯端末に適用可能なモーションブラー警告システム,” DBSJ Journal, Vol.13-J, No.1, pp.58-63 (2014.11)
  3. Le Jiawen,Yamana Hayato, “Cross-lingual Investigation of User Evaluations for Global Restaurants”, DBSJ Journal, Vol.13, No.1 (採録決定) (2015.1)

Domestic Conference

  1. 林 佑磨,奥野 峻弥,山名 早人:” 単語の意味概念行列を用いたキーワード生成による関連論文検索システム”, 情処研報(DBS-159-10), Vol.2014, No.XX, pp.1-6 (2014.7)
  2. 奥野 峻弥,浅井 洋樹,山名 早人:”マイクロブログを対象とした著者推定手法の提案-10,000人レベルでの著者推定-”, 情処研報(DBS-159-12), Vol.2014, No.XX, pp.1-6 (2014.7)
  3. 上里 和也,田中 正浩,浅井 洋樹,山名 早人:”メンション情報を利用したTwitterプロフィール推定における単語重要度算出手法の考察”, 情処研報(DBS-159-22), Vol.2014, No.XX, pp.1-6 (2014.7)
  4. Zhou Guanying,Asai Hiroki,Yamana Hayato:”Topics and Influential User Identification in Twitter using Twitter Lists”, 情処研報(DBS-159-13), Vol.2014, No.XX, pp.1-6 (2014.7)
  5. Le Jiawen,Yamana Hayato:”Cross-domain Investigations of User Evaluations under the Multi-cultural Backgrounds”, 情処研報(DBS-159-24), Vol.2014, No.XX, pp.1-6 (2014.7)
  6. 浅井洋樹, 山名早人:”オンライン手書き情報を用いた未定着記憶推定システム”, 情処研報, Vol.2014-CE-127(1), pp.1-6 (2014.11)
  7. 田中正浩,王 瀾,山名早人:”上層句情報の利用と学習データの選別による母語推定の精度向上”, 情処研報, Vol.2014-NL-219(21), pp.1-6 (2014.12)
  8. 高杉亮介,山名早人:”国会議事録を用いた経済指標のナウキャスティング”, DEIM2015, No.XX (2015.3)
  9. 奥野峻弥,浅井洋樹,山名早人:”マイクロブログを対象とした100,000人レベルでの著者推定手法の提案”, DEIM2015, No.XX (2015.3)
  10. 上里和也,浅井洋樹,奥野峻弥,山名早人:”周辺ユーザ属性の拡張を実現する再帰的Twitterユーザ属性推定”, DEIM2015, No.XX (2015.3)
  11. 大野亮仁,藤博幸,山名早人:”スコア付けを用いた特徴量抽出によるGタンパク共役受容体と化学化合物の結合予測”, DEIM2015, No.XX (2015.3)
  12. 林 佑磨,諏訪晴士, 山名早人:”限られた特徴量および時間情報を活用したオンライン広告におけるCTR予測” DEIM2015, No.XX (2015.3)
  13. 鬼沢和也,浅井洋樹,山名早人:”文字配置の平均化による手書き文章の魅力的な文字配置方法”, DEIM2015, No.XX (2015.3)
  14. 篠原正太,上里和也, 山名早人マイクロブログにおける単語間の依存性を考慮した語義曖昧性解消”, DEIM2015, No.XX (2015.3)
  15. 卓 ?,浅井洋樹,山名早人:”3軸加速度計と心拍数を用いたデスクワーク中の割り込み可能性の推定”, DEIM2015, No.XX (2015.3)
  16. 三上拓也,野口保,菅野敦之,山名早人:”医薬品の既知の副作用に着目した未知の副作用推定手法の提案”, DEIM2015, No.XX (2015.3)

2013

International Journal

  1. Chun Fang, Tamotsu Noguchi, Daisuke Tominaga, Hayato Yamana:”MFSPSSMpred: identifying short disorder-to-order binding regions in disordered proteins based on contextual local evolutionary conservation,” J. of BMC Bioinformatics, 14:300, (2013.10) doi:10.1186/1471-2105-14-300
  2. Fang C, Noguchi T, Yamana H”Simplified sequence-based method for ATP-binding prediction using contextual local evolutionary conservation,”Algorithms for Molecular Biology 2014, 9:7, doi:10.1186/1748-7188-9-7 (11 March 2014)

International Conference

  1. Chun Fang, Tamotsu Noguchi, Hayato Yamana, “Sequence-based Prediction of Molecular Recognition Features in Disordered Proteins”, B10052, Proc. of International Conference on Bioinformatics and Computational Biology 2013(ICBCB2013) (2013.4)
  2. Hiroki Asai, Hayato Yamana:”Detecting Student Frustration based on Handwriting Behavior”, Proc. of 26th ACM UIST Symposium (2013.10.8-11)/POSTER
  3. Shan-Bin Chan, Shin’Ichi Satoh, Hayato Yamana:”A Negative Sample Image Selection Method Referring to Semantic Hierarchical Structure for Image Annotation”, Proc. of The 9th International Conference on Signal Image Technology (2013.12.2-5)
  4. Chun Fang, Tamotsu Noguchi and Hayato Yamana.:”Analyzing Conservation Patterns and Its Influence on Identifying Protein Functional Sites”, Proc. of BICoB2014 (2014.3)

Domestic Journal

  1. Chun Fang , Tamotsu Noguchi , Hayato Yamana:”SCPSSMpred: A General Sequence-based Method for Ligand-binding Site Prediction,” IPSJ Transactions on Bioinformatics (TBIO),Vol.6, pp.35-42 (2013.07)
  2. 佐藤 亘, 上田 高徳, 山名 早人:「検索ヒット数の正確性評価: 大規模クロールデータに対する文書頻度との比較」 , 日本データベース学会論文誌, Vol.12, No.1, pp.13-18, 2013.6
  3. 上田高徳,秋岡明香,山名早人,「マルチコアCPU環境における低レイテンシデータストリーム処理」,電子情報通信学会論文誌D,Vol. 96, no. 5, pp.1094-1104, May 2013.

Domestic Conference

  1. Zhou Guanying, Zhang Xuan, Yamana Hayato: “Identifying Topics and Influential Users based on Information Propagation in Twitter”, 第4回ソーシャルコンピューティングシンポジウム (Soc2013) (2013.6)
  2. Shan-Bin Chan, Hayato Yamana, Shin’ichi Satoh: “Negative Sample Image Selection Referring to Semantic Hierarchical Structure for Image Annotation,”, iDB2013 (2013.7)
  3. Hiroki Asai, Hayato Yamana:” A Summarization Technique for Handwritten Document Search using Emphasis Annotations,” iDB2013 (2013.7)
  4. 奥野 峻弥, 浅井 洋樹, ,山名 早人:”マイクロブログを対象とした5,000人レベルでの著者推定手法の提案-5,000人レベルでの著者推定”, WebDBフォーラム2013 (2013.11.27-28)
  5. Le Jiawen,YAMANA Hayato:”A comparative study of user evaluations for global restaurants under the multi-cultural backgrounds”, WebDBフォーラム2013 (2013.11.27-28)
  6. 大野亮仁,山名早人,藤 博幸:「SVMによるGタンパク共役受容体と化学化合物の相互作用予測」, 情処研報(BIO), Vol.2013-BIO-34, No.11, pp1-7 (2013.6)
  7. 奥野峻弥, 浅井洋樹, 山名早人:「マイクロブログを対象とした1000人レベルでの著者推定手法構築に向けて」, 情処研報(DBS), Vol.2013-DBS-157, No.7, pp1-6 (2013.7)
  8. 三上拓也, 駒田康孝, 野口 保, 菅野敦之, 山名早人: 「医薬品副作用情報を用いた副作用検索システムの提案」,情処研報(DBS), Vol.2013-DBS-157, No.11, pp1-6 (2013.7)
  9. 上里和也,奥谷貴志,浅井洋樹,奥野峻弥,田中正浩,山名早人:”twitterにおけるアカウント乗っ取りによる成りすましツイートの検出手法の提案”, 情処研報, Vol.2013-DBS-158, No.21, pp.1-6 (2013.11)
  10. 奥谷 貴志,山名 早人:「メンション情報を利用したTwitterユーザプロフィール推定」, DEIM2014, B2-3 (2014.3)
  11. 手塚 渉太,浅井 洋樹,山名 早人:「携帯端末に適用可能なモーションブラー警告システム」, DEIM2014, E3-1 (2014.3)

  12. 王 深,鬼沢 和也,浅井 洋樹:「山名 早人入力ストローク数削減による高速手書き入力手法」, DEIM2014, E3-4 (2014.3)
  13. 浅井 洋樹,山名 早人:「電子ドキュメント上での書き込みを支援する手書きアノテーション認識モデル」, DEIM2014, A4-5 (2014.3)
  14. 中里 拓哉,奥野 峻弥,山名 早人:「レビューサイトにおけるレビュアーの信頼性評価」, DEIM2014, B5-2 (2014.3)
  15. 駒田 康孝,山名 早人,「商品評価ツイートからの属性語自動抽出手法の提案」, DEIM2014, B5-6 (2014.3)
  16. 苑田 翔吾,浅井 洋樹,山名 早人:「認知心理学的記憶調査に基づく記憶支援システムの構築」, DEIM2014., C6-6 (2014.3)
  17. 林 佑磨,奥野 峻弥,山名 早人:「検索ワード入力不要の先行論文検索システム ~論文からのキーフレーズ抽出を用いた自動クエリ生成~」, DEIM2014, B8-3 (2014.3)
  18. LE Jiawen, YAMANA Hayato:「Cross-lingual Investigation of User Evaluations for Global Restaurants」, DEIM2014, B5-4 (2014.3)

2012

International Journal

International Conference

  1. Koh SATO and Hayato YAMANA:”Hit Count Reliability: How Much Can We Trust Hit Counts?”, Proc. of the 14th Asia Pacific Web Conference, pp.751-758 (2012.4) 10.1007/978-3-642-29253-8_73
  2. Chun Fang, Tamotsu Noguchi, Hayato Yamana, “Prediction of FAD Binding Residues with Combined Features from primary Sequence”, C002, Proc. of International Conference on Bioinformatics and Computational Biology 2012 (2012.4)
  3. Keisuke Arai, Hiromasa Takei and Hayato Yamana:”Visual‐Attention‐based Thumbnail using Two‐Stage GrabCut,” Proc. of 3rd International Conference on Multimedia Computing and Systems, pp.90-95 (ICMCS2012)(2012.5) Digital Object Identifier: 10.1109/ICMCS.2012.6320152
  4. Hiromasa Takei and Hayato YAMANA:”IC-BIDE:Intensity Constraint-based Closed Sequential Pattern Mining for Coding Pattern Extraction,” Proc. of AINA2014 (2013.3)

Domestic Journal

  1. 上田高徳,佐藤亘,鈴木大地,打田研二,森本浩介,秋岡明香,山名早人,「Producer-Consumer型モジュールで構成された並列分散Webクローラの開発」,情報処理学会論文誌 データベース,Vol.6, No.2, pp.85-97 (2013.3)

Domestic Conference

  1. 奥谷貴志,藤木紫乃,山名早人:”プロフィール情報とフォロー関係を組み合わせたTwitterユーザコミュニティの抽出手法, 第3回ソーシャルコンピューティングシンポジウム (Soc2012) (2012.6)
  2. SHAN-BIN CHAN,SHIN’ICHI SATOH,HAYATO YAMANA:”Image Annotation Fusing Content-based and Tag-based Technique Using Support Vector Machine and Vector Space Model”, iDB2012 (2012.8)
  3. 上田高徳,佐藤亘,鈴木大地,打田研二,森本浩介,秋岡明香,山名早人:”Producer-Consumer型モジュールで構成された並列分散Webクローラの開発”, WebDB2012 (2012.11)
  4. 田中友樹,及川孝徳,山名早人,大西貴士,土田正明,石川開:”形態素間の優先関係を考慮した略語生成手法”, WebDB2012 (2012.11)
  5. 武井宏,山名早人:”Bag-of-featureを用いた三次元類似形状検索”, MIRU2012, IS2-51 (2012.8)
  6. 浅井洋樹,野澤明里,苑田翔吾,山名早人:”筆記情報と時系列モデルを用いた学習者つまずき検出”, 電子情報通信学会教育工学研究会 (2012.10)
  7. 上田高徳,浅井洋樹,藤木 紫乃,山本 祐輔,武井 宏将,秋岡 明香,山名 早人:”ソーシャルメディアを含む多メディアビッグデータの統合的解析による情報抽出”, 情処研報(DBS), Vol.2012, No.DBS-156(8),, pp.1-6 (2012.12)
  8. 武井宏将, 山名早人: “三角形特徴を用いた部分形状検索”, 信学技報, パターン認識・メディア理解研究会(PRMU) (2013.2)
  9. 山本祐輔,浅井洋樹,上田高徳,秋岡明香,山名早人:”テレビ番組に対する意見を持つTwitterユーザのリアルタイム検出”, DEIM2013, C1-4(2013.3)
  10. 須藤優介,山名早人:”表情・動作情報とタッチパネル操作情報の統合による学習状態の推定”, DEIM2013, D2-4 (2013.3)
  11. 苑田翔吾,浅井洋樹,山名早人:”オンライン手書きデータによる記憶支援システムの構築”, DEIM2013, D2-6 (2013.3)
  12. 佐藤亘,上田高徳,山名早人:”検索ヒット数の正確性評価:大規模クロールデータに対する文書頻度との比較”, DEIM2013, B3-3 (2013.3)
  13. 浅井洋樹,秋岡明香,山名早人:”きたああああああああああああああああ!!!!!11: マイクロブログを用いた教師なし叫喚フレーズ抽出”, DEIM2013, A4-4 (2013.3)
  14. 鈴木大地,上田高徳,山名 早人:”高速ストレージ環境におけるDBMSクエリの特性を考慮した I/O処理並列化の検討及び評価”, DEIM2013, F4-3 (2013.3)
  15. 上田高徳,佐藤亘,鈴木大地,秋岡明香,山名早人:”QueueLinker: A Framework for Parallel Distributed Processing”, DEIM2013, A5-5 (2013.3)
  16. 和田なぎさ,奥谷貴志,山名早人:”Twitterにおけるアカウント乗っ取りによるスパムツイートの検出”, DEIM2013, F5-3 (2013.3)
  17. 野澤明里,苑田翔吾,浅井洋樹,山名早人:”jQueryプラグインに特化したアニメーションサムネイル自動生成手法”, DEIM2013, B6-5 (2013.3)
  18. 井上雅翔,山名 早人:”大規模候補者群に対する著者推定手法の提案と評価”, DEIM2013, C6-6 (2013.3)
  19. 藤木紫乃,上田高徳 ,山名早人:”経時的な関連語句の変化を考慮したクエリ拡張によるTwitterからの情報抽出手法”, DEIM2013, C9-5 (2013.3)
  20. 鬼沢和也,田中友樹,山名早人:”顔文字推薦のための顔文字カテゴリ推定手法, DEIM2013, D9-4 (2013.3)
  21. SHAN-BIN CHAN,SHIN’ICHI SATOH,HAYATO YAMANA:”Comparison of Different Semantic Negative Concepts Selection Methods in SVM Classifier Training for Image Annotation”, DEIM2013, A10-3 (2013.3)
  22. 伊藤大紀,田中正浩,駒田康孝,鈴木 大地,山名 早人:5.述語項構造と機能表現の比較と機械学習を併用した 文章の含意関係認識手法”, DEIM2013, C10-5 (2013.3)
  23. 手塚渉太,須藤優介,山名早人:”複数特徴量の統合による画像劣化検知システム”, DEIM2013, E10-6 (2013.3)
  24. 方 春, 野口 保, 山名 早人:”.Identifying functional site of disordered proteins”, DEIM2013, P2-3 (2013.3)
  25. 秋岡明香、村岡洋一、山名早人:”機械学習アルゴリズムに特化したタスクグラフセット”, 信学技報(IBISML), Vol.IBISML2012-96, pp.25-30 (2013.3)

2011

International Journal

International Conference

  1. Shino Fujiki, Hiroya Yano, Takashi Fukuda and Hayato Yamana:”Retweet Reputation: A Bias-Free Evaluation Method for Tweeted Contents,” Proc. of First International Workshop on Social Innovation and Social Media (SISoM 2011 in conjunction with ICWSM2011) (2011.7)
  2. Hiroki Asai, Takanori Ueda and Hayato Yamana:”Legible Thumbnail: Summarizing On-line Handwritten Documents based on Emphasized Expressions,”MobileHCI 2011(Poster) (2011.8)

Domestic Journal

  1. Naoyoshi AIKAWA, Tetsuya SAKAI, Hayato YAMANA:”Community QA Question Classification: Is the Asker Looking for Subjective Answers or Not?,” 情報処理学会論文誌: データベース, Vol.4, No.2(TOD 50), pp.1-9 (2011.7)
  2. 浅井洋樹, 山名早人:”オンライン手書きノートからの強調語抽出”, 日本データベース学会論文誌 Vol.10, No.1, pp.67-72 (2011.6)
  3. 井上雅翔,山名早人,「品詞n-gramを用いた著者推定手法-話題に対する頑健性の評価」日本データベース学会論文誌,Vol.10,No.3,pp.7-12,2012年2月
  4. 上田高徳,打田研二,秋岡明香,山名早人,「データストリーム処理におけるレイテンシ削減と高可用性のためのオペレータ実行方法」日本データベース学会論文誌,Vol.10,No.3,pp.1-6,2012年2月

Domestic Conference

  1. 井上雅翔, 中島泰, 山名早人,”品詞n-gramを用いた著者推定手法 -話題に依存しない頑健性の評価-”, WebDBフォーラム2011 (2011.11)(優秀論文賞)
  2. 上田高徳, 打田研二, 秋岡明香, 山名早人,”データストリーム処理におけるレイテンシ最小化と高可用性のためのオペレータ実行方法”, WebDBフォーラム2011 (2011.11)
  3. 佐藤亘,打田研二,山名早人:”検索エンジンのヒット数に対する信頼性評価指標の提案とその妥当性検証”, 情報研報, Vol.2011-DBS-152, No.8, pp.1-8 (2011.7)
  4. 武井宏将,山名早人,「効率的なコーディングパターン抽出方法の提案」DEIM2012,C1-4,2012年3月
  5. 高橋雄太,片岡義雅,浅井洋樹,山本祐輔,秋岡明香,山名早人,「twitterにおける感動共有システム」DEIM2012,C3-6,2012年3月
  6. 上田高徳,秋岡明香,山名早人,「マルチコア環境における低レイテンシストリーム処理のためのスレッド割り当て手法」DEIM2012,D3-5,2012年3月
  7. 鈴木大地,佐藤亘,上田高徳,山名早人,「分散Key-Valueデータベースを用いたRDFストアの構築と評価」DEIM2012,B4-2,2012年3月
  8. 新井啓介,武井宏将,山名早人,「2段階GrabCutを用いた注目物体の視認性を向上させたサムネイル生成」 DEIM2012,B5-5,2012年3月
  9. 浅井洋樹,野澤明里,苑田翔吾,山名早人,「オンライン手書きデータを用いた学習者のつまずき検出」 DEIM2012,A8-4,2012年3月
  10. 打田研二,上田高徳,山名早人,「カスタマイズ性とリアルタイムなデータ提供を考慮したクローラの設計と実装」,DEIM2012,B8-3,2012年3月
  11. 苑田翔吾,浅井洋樹(早大),山名早人,「オンライン手書きデータによる記憶度推定システムの構築」 DEIM2012,C8-4,2012年3月
  12. 小林大輔,山名早人,「MultipleKernelLearningを用いた階層的画像分類」 DEIM2012,B10-1,2012年3月
  13. 田中友樹,山本祐輔,上田高徳,山名早人,「検索時間を調節可能とした類似動画検索手法」 DEIM2012,B10-2,2012年3月
  14. 金正文,山名早人,「領域分割結果の投票処理を用いた背景に頑健な衣服領域抽出」 DEIM2012,B10-3,2012年3月
  15. Shan-BinChan,Duy-DinhLe,Shin’ichiSatoh,HayatoYamana,「FindtheBestAnnotationforanImageUsingVectorSpaceModel」DEIM2012,D5-4,2012年3月
  16. 福田崇,山名早人,「低解像度可視光目画像を用いたモデルベース視線推定手法」電子情報通信学会パターン認識・メディア理解研究会,2012年3月
  17. 新井啓介,武井宏将,山名早人,「ThumbPop:注目物体を強調した疑似立体サムネイル生成」電子情報通信学会パターン認識・メディア理解研究会,2012年3月

2010

International Journal

  1. Bundit Manaskasemsak, Arnon Rungsawang, Hayato Yamana:”Time-weighted web authoritative ranking,” Information Retrieval, Vol.14, No.2, pp.133-157 (2011)

International Conference

  1. Hayato YAMANA:”Search Engines’ Trustworthiness-Current Status”, Proc. of the 5th Korea-Japan Database Workshop, pp.219-240 (2010.5)
  2. Takuya FUNAHASHI, Hayato YAMANA:”Reliability Verification of Search Engines’ Hit Counts:How to Select a Reliable Hit Count for a Query,” Proc. of 1st International Workshop on Quality in Web Engineering (2010.7)
  3. Sayaka Akioka, Hayato Yamana, Yoichi Muraoka:”Data Access Pattern Analysis on Stream Mining Algorithms for Cloud Computation,” Proc. of the 2010 Int’ll Conf. on Parallel and Distributed Processing Techniques and Applications (2010.7)
  4. Shan-Bin Chan and Hayato Yamana:”The Method of Improving the Specific Language Focused Crawler,” Proc. of the 1st CIPS-SIGHAN Joint Conf. on Chinese Language Processing(CLP2010) (2010.8)
  5. Takashi Fukuda, Kosuke Morimoto, and Hayato Yamana:”Model-Based Eye-Tracking Method for Low-Resolution Eye-Images,” Proc. of 2nd Workshop on Eye Gaze in Intelligent Human Machine Interaction, Stanford University, Palo Alto (2011.2)

Domestic Journal

  1. 舟橋卓也, 山名早人:”Hit Count Dance -検索エンジンのヒット数に対する信頼性検証-“,日本データベース学会論文誌 Vol.9, No.1, pp.18-22 (2010.6)
    堀井洋,小野寺民也,山名早人:”ロック制御型同期複製ミドルウェアの提案”, 信学論(D), Vol.J94-D, No.3, pp.515-524 (2011.3)

Domestic Conference

  1. Naoyoshi AIKAWA, Tetsuya SAKAI, Hayato YAMANA:”Community QA Question Classification: Is the Asker Looking for Subjective Answers or Not?”, WebDBForum2011 (2010.11.11-12)
  2. 新井 啓介, ,森本 浩介, ,山名 早人:”特徴領域の位置関係に着目したテンプレートマッチングによる類似物体検出”, 情処研報, Vol.2010-CVIM-172, No.4, pp.1-8 (2010.5)
  3. 矢野博也, 中島泰, 山名早人:”検索語の重みの2段階調整手法”, 信学技報, Vol.110, No.107, pp.45-50 (2010.6)
  4. 福田崇, 松崎勝彦, 山名早人:”低解像度目画像からのModel-Based視線推定”, MIRU2010, IS1-46 (2010.7)
  5. 新井啓介, 森本浩介, 山名早人:”領域分割と色特徴を利用したテンプレートマッチングによる類似物体検出, MIRU2010, IS2-42 (2010.7)
  6. 小林大輔, 相川直視, 山名早人:”Localized Multiple Kernel Learningを用いた画像分類”, MIRU2010, IS2-43 (2010.7)
  7. 金正文, 森本浩介, 山名早人:”動画像における正面画像推定からの衣服領域抽出”, MIRU2010, IS3-36 (2010.7)
  8. 山﨑邦弘,山名早人:”Resizable-LSHによる閾値可変の近似的類似検索手法の高速化”,情報研報, Vol.2010-AL-131, No.5, pp.1-8 (2010.9)
  9. ShanBin Chan, 佐藤真一, 山名早人,「Increase the Image Search Results by Using Flickr Tags」,DEIM2011, B1-3 (2011.2.28-3.2)
  10. 井上雅翔, 新井啓介, 山名早人, 「2段階LDAを用いたインクリメンタルなソフトウェアレポジトリの自動分類手法」,DEIM2011, E4-5 (2011.2.28-3.2)
  11. 森本浩介, 上田高徳, 打田研二, 山名早人,「ウェブサーバへの最短訪問間隔を保証する時間計算量がO(1)のウェブクローリングスケジューラ」,DEIM2011, B5-6 (2011.2.28-3.2)
  12. 中島泰, 山名早人,「品詞と助詞の出現パターンを用いた類似著者の推定とコミュニティ抽出」,DEIM2011, C6-5 (2011.2.28-3.2)
  13. 佐藤亘, 打田研二, 山名早人,「検索エンジンのヒット数の信頼性に対する評価」,DEIM2011, E6-1 (2011.2.28-3.2)
  14. 片岡義雅, 野口保, 百石弘澄, 小林大輔, 山名早人,「結晶化環境におけるpH値を考慮したSVMによるタンパク質結晶化の予測」,DEIM2011, D8-1 (2011.2.28-3.2)
  15. 浅井洋樹, 小林大輔, 山名早人,「筆記者の強調表現に基づいたオンライン手書きノートの圧縮サムネイル生成手法」,DEIM2011, E8-6 (2011.2.28-3.2)
  16. 須藤優介, 福田崇, 山名早人,「Cannyエッジ情報に基づく人物画像における髪型の定量化」,DEIM2011, E9-6 (2011.2.28-3.2)
  17. 山本祐輔, 及川孝徳, 山名早人,「字幕テキストの利用によるマイクロブログからのテレビ番組に言及したメッセージ検出手法」,DEIM2011, A10-1 (2011.2.28-3.2)
  18. 藤木紫乃, 矢野博也, 山名早人,「RetweetReputation: バイアスを排除したTwitter投稿内容評価手法」,DEIM2011, A10-3 (2011.2.28-3.2)
  19. 相川直視, 山名早人,「レビューからの商品比較表の自動生成」,自然言語処理学会第17回年次大会, D2-3 (2011.3.7)